キャッシングの知識なら私に任せて

キャッシングとは

キャッシングとは無担保で借りる事のできる個人向けのローンを指します。
個人は法人に比べると信用度が低いと評価されることが多いですから、
大きな資金を借りようと思ったときには担保が必要となったり、
あるいは保証人が必要となったりすることが多いです。

例えば、住宅ローンは個人向けの融資ですが、購入する住宅が担保になります。
キャッシングでは担保は必要としません。
この点が利用しやすい点だと言えるでしょう。
そもそも、個人の多くは担保となるような財産を持っていないことが多いです。
ですから、担保が必要になれば借りる事ができない人は多いでしょう。
多くの人が借りられるようにするためのものとしてキャッシングがあります。

キャッシングは他の融資とどこが違うのか

では、他の融資と比べるとどのような違いがあるのでしょうか。
別段キャッシングでなくともお金を借りるという手段は無くはないでしょう。
なぜわざわざ金利を払い人はキャッシングをするのでしょうか。

まず目的を定められないという特徴があります。

目的がフリーで借りられる

個人が利用できるたいていの融資では目的が限定されます。
住宅ローンなら住宅を購入するためにしか用いる事はできません。
自動車ローンなら自動車を公有するためにしか用いる事はできません。

これに対して、キャッシングは目的は何でもよく、
借りたお金を何に使っても良いという特徴があります。
遊ぶために使っても良いですし、ギャンブルに使っても良いのです。

キャッシングは他の融資に比べて高金利

もう一つ特徴を挙げるとすれば高金利だと言うことが挙げられます。
これは担保を設定していないからだとも言えるでしょう。
返済可能性を高めるためのことを何もせずに貸し付けているわけですから、
金融機関としては金利を高くせざるを得ないとも言えます。
ただ、これは一般的な傾向で、返済可能性の高い人なら
低金利で借りる事ができる場合も多いのです。
キャッシングはこのような特徴がありますから、
どちらかというと短期での融資に適したものだと考えられます。
利息についても日割りで計算するのがキャッシングの特徴の一つで、
例えば3日間だけかりたいというときには3日分の利息しか払わなくて
良いのがキャッシングの特徴なのです。

しがらみ無く借り入れできるのが最大の良さ

金利が高い事意外はほぼメリットでしょう。
最大の借りる側のメリットはどこかと問われれば多くの人が
“しがらみ”なく借りれるという点に尽きるのではないでしょうか。
実際人間関係のお金のトラブル程醜いものはありません。

だから高い金利を払ってでも業者と自分であればビジネスライクに
付き合えるというメリットがあるのでしょう。

キャッシングの知識

キャッシングの口コミ